歯科助手の面接のこと

歯科助手の面接の内容について

歯科助手に求められる事

面接では一般的な職業と同じく、職歴や志望動機、自己PR、自分の長所と短所について、その医院を選んだ理由などが、聞かれます。そして、歯科医院も医療機関という特殊な仕事になりますから、血を見ても大丈夫か、子どもは好きかなどの質問をされます。血に対する恐怖心や抵抗感の有無は重要なポイントでもあります。また、患者として多い子どもは、歯科医や痛みに対する恐怖で泣いたり抵抗したりします。そんな子供たちに笑顔で優しく接することができるかも大切なことです。最近では、日祝日や夜間も対応する医院が増えていますので、勤務時間の質問もされることがあります。

歯科助手の面接試験での質問

歯科助手へ採用されるためには面接試験をクリアしなければなりませんが、その場でどういった質問をされるのかはあまり知られていません。比較的よくある質問は志望動機や自己PR、自分の長所と短所について、これまでの職歴やアルバイト経験の有無についてと言ったもので、これらは他の業界や職種でも聞かれるオーソドックスな質問です。また数多くある歯科医院の中でなぜこの医院を選んだのかと言ったことや血を見て具合が悪くなった経験があるかどうか、小さな子供は好きかと言った特殊な環境である医療機関ならではの質問も行われます。この他パートやアルバイトの場合は勤務できる曜日と時間の希望や子供がいる場合は誰かに預けて働くことができるかどうか、学生の場合はテスト期間中も働くことができるかどうかが質問されます。

↑PAGE TOP